木工房ひのかわ

木工房ひのかわのこだわりと哲学
ひのかわ日記
ネットで大好評の【ワンタッチトイレットペーパーホルダー】の詳細をご紹介させて頂きます。

最大の特徴はなんといっても簡単に片手でペーパーがワンタッチ交換出来る事です。
ペーパーを芯棒に通してそれをホルダーに装着するという面倒さが一切ありません。
しかも、パインや杉などの軟らかくて傷付き易い木ではなく、硬くて杢目の綺麗なウォールナット、谷地タモ、桜、ナラなどの銘木を使って、この道43年の技で真心込めて作りました。

金属製やプラスチックのものには無い温かい雰囲気と品格を感じて頂けます。

   **** 毎日のトイレタイムが楽しくなりますよ ****

   s-250IMG_6641.jpg  

● 本体はダボやクギなどは使わず、伝統的な工法のアラレ組で組んでいますので大変頑丈で永 年安心して使えます。  

● 軽くスムースに動く心棒には耐久性を考慮してステンレスのバネを使用しました。

● 蓋にはアルミアングルが付いていますので紙の切れは良好です。(しかもギザギザが付いていませんので安全です) 

● 側板は35㎜の板を二分割して左右対称にして使っています。杢目と色が揃っていて綺麗です。

● ついつい触りたくなる滑らかな肌触りです。丁寧な手仕上げで不快感などは一切ありません。

● 環境に配慮したエコタイプウレタン塗装又は植物性天然塗料で仕上げていますので安全です。

● 現在お使いの物から取替えの場合も簡単に取り付け可能です。

● 取り付け用化粧ビス付きです。

● お客様のご希望の材料や色で作るオーダー製作も可能です。

価格 ¥16,500(税込み)

● お支払いは製品を受取り後に郵便振替(手数料無料)でお願い致します。
● 送料は全国無料です。
● 取り付け金具付きです。
● 全ての樹種で同価格です。

多くのお客様からお喜びの声を頂いています。
【お客様の声】こちらからどうぞ。

【作品紹介】こちらからどうぞ

新作の【スペアホルダー】こちらからどうぞ。




ワンタッチ装着をどうぞご覧下さい。(クリックすると動画が見れます)

↓↓




----クリックすると拡大写真が見れます----
正面  
正面  


側面(アラレ組)
アラレ組  


可動心棒(楓材)
可動心棒  


取り付け用ビス
取り付け用ビス  




以下は樹種の紹介です。
それぞれ共木で作っていますので綺麗でしょ。

谷地タモ(柾目)
谷地タモ(柾目)  


谷地タモ(板目)
谷地タモ(板目)  



桜  


ウォールナット
ウォールナット  


ナラ
ナラ  


Bチェリー
Bチェリー  


ナラ(懐古仕上)
ナラ(懐古仕上)  



ワンタッチトイレットペーパーホルダーの姉妹品としてスペアホルダーが生まれました。従来よりお客様から予備ペーパー用のストックホルダーの要望のお声が多かったのですが、今回初めて製品化しました。トイレットペーパーホルダー本体の側板にネジで固定して使います。樹種は基本的には本体と同じが綺麗だとは思いますが、違う樹種でも楽しいかも知れません。写真は桜材ですが他にウォールナット、タモ、ニレ、ナラ、チェリーなどがあります。天板の上に小さな一輪差しなど置く事によりトイレの雰囲気も随分楽しいものになるのではないでしょうか。
『トイレを開ける度に素敵なホルダーが見えて、にまにまがとまりません』とはご購入頂きました大阪のお客様からのお声です。
(写真をクリックすると大きな画像が見れます)

s-500IMG_6802.jpg  

s-500IMG_6832.jpg  

s-500IMG_6830.jpg  

s-500IMG_6838.jpg 


価格 ¥4,000 (税込み)

●お支払いは納品後に郵便振替(手数料無料)でお願い致しております。
●送料は無料です。
●取り付け金具付きです。
●全ての樹種で同価格です。

多くのお客様からお喜びの声を頂いています。


【お客様の声】こちらからどうぞ。


片手でペーパー交換が可能な木製ワンタッチトイレットペーパーホルダー本体は
こちらからどうぞ。

  リクライニングアームチェアー

resize0002_20090127223247.jpg  
 ↑↑
お客様のリビングルームに納まったアームチェアーとオットマン。

 以下はお客様のご要望です。
に背もたれの角度を変えたい。
●金属製やウレタン製のはっぽくてイヤ、木製が良い。
●ティーテーブル代用のアームは広く
●ファブリックはカバーリングとクリーニング可能に。
●取り外し可能なクッション付きオットマンも。
●当然、価格は安く

この作品の最大のポイントは背もたれの角度可変機構です。
今回の様に初モノでしかも動くメカを考えるのは大いに楽しみです。(^_^)
少年時代にプラモデルの箱を前に開ける時のあのワクワクした感じですね。
最初に考えたのは後まで伸ばしたアームの木端に開けた穴に背板を受けるストッパーを差込む単純な機構。
これだと製作は割りと簡単ですが、椅子に座ったままでの角度変更とはいかず不便です。
あれこれ考察の後、たどり着いたのはガスシリンダーを使い、右アーム下面に付けたレバーの操作で任意の角度設定可能な機構です。
ガスシリンダーと操作レバーの連動はクランクとロッドではなく、自転車用のブレーキワイヤーを使って耐久性を高めています。


resize0003_20090127223143.jpg
 
 ↑↑
左上から背板 座板 ガスシリンダー レバー他部材です。


resize0004_20090127223212.jpg  
 ↑↑
座板の下面です。

こちらもどうぞ