木工房ひのかわ

木工房ひのかわのこだわりと哲学
ひのかわ日記
1月29日 こんにちは、ゆるりです。

せわしない毎日が続いています。
こんな中、美味しいものをいただくと
ほんわか~な気分になり、ほんとうにありがたいです。
そしてここ数日とても寒く、冬を実感しました。

resize0841.jpg

一日の寒暖差があると冬野菜もおいしくなり
白菜のお漬物を作ってみました。

resize0839.jpg

ご飯がススム・・・

resize0840.jpg
 

今日のお昼ご飯、野菜たっぷりのサンドイッチとわかめご飯のおにぎり
いつも家族のために、おいしいご飯作ってくれるUCOさん、ありがとうです。
おかげでスタミナつきますね!

resize0842.jpg
 

以前から作りたかった、ひのかわのパンフレットこの度、作ります。
何とか個展にも間に合いそうです。
何度もなんども打ち合わせと訂正をくりかえし
やっと入稿出来るまでになりました。
担当スタッフの不眠不休の根気に、これまた感謝です。

resize0834.jpg
 


個展会場の最終のレイアウト、これで決まりです。
限られた時間で終わらせるため、これも入念に打ち合わせ!

resize0833.jpg
 

さあ、明日は搬入です。
1月23日 こんにちは、ゆるりです。

早いもので
個展まで残すところあと1週間となりました。
9年ぶりの個展、そして初めての親子展のDMです。

koten_dm_omote
 

koten_dm_ura
 

そして、工房からつぎつぎと運びこばれる 出来上がった家具たち。
じっと出番を待っています。

resize0829.jpg
 

これは50分の1に縮小した展示場のレイアウトです。
まだこれから煮詰めていきますが
実際、現場でやってみると・・・やっぱり違う・・・という事もしばしばで
ひのかわ生まれの家具たちを最大限に生かせるような
レイアウト、ディスプレーうまくやれるか
あー責任重大・・・(ー_ー)!!

resize0830.jpg

でも50分の1のこの作業、結構たのしいのです。(^_^)
1月5日 こんにちは、ゆるりです。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

resize0815.jpg
 

今年の元旦は暖かく穏やかでしたね。
家のベランダからの初日の出も参拝できました。
 

resize0814.jpg
 

ささやかな おせちを食べ・・・

resize0816.jpg
 

恒例の三社参りに行く途中
まさに とり年!!
どこから来たのか あひる3羽に出会い
神社で引いたおみくじも めったに出ない 「大吉」
ことしは春から縁起がいい~・・・かな??
 

resize0819.jpg

お店は今日が仕事始めですが 工房は3日から始めています。
もうすぐ個展 最後の追い込みです。

resize0818.jpg

「新しいカタチ。受け継ぐココロ」
2代目、3代目 ぶつかりあいながら、協調しつつの毎日です。


今年1年皆様にとりまして 平穏な日々が過ごせますように
心よりお祈り申し上げます。
12月25日 こんにちは、ゆるりです。

今年もあと一週間となりましたが 今年は結構暖かい日が多いような気がします。

紅葉も例年より遅く 駐車場のケヤキの落ち葉も最近になってやっと終わり
毎朝の落ち葉掃きから 解放されました。

resize0812.jpg
 

久しぶりに行った 近くの神社のイチョウの落ち葉です。

resize0809.jpg
 

この時期にこれを見るのは ちょっと寒いでしょうか?
いつもの水辺の散歩道の上流です。
透き通った水がとても綺麗だったので・・・水の流れる音も
本当に心地よく癒しの場所です。


resize0811.jpg
 

今日はクリスマス。
これケーキみたいですが ポテトサラダのツリーです。

resize0807.jpg

お正月迎えの準備で あれこれ忙しくなりますが
皆様どうぞお体ご自愛下さいませ。
11月12日 こんにちは、ゆるりです。

先日の出来事です。
郵便局へ行く途中で偶然出会った 「カワセミ」
そっとデジカメを取り出し 1枚撮るのがやっとでした
もっと至近距離で撮りたかったのに すぐ飛び立っていきました。
でも久しぶりに出会えて ラッキー!!

resize0797.jpg
 

今年の1月の大雪で 33年間すくすく育っていた 
ガジュマルの木が枯れてしまいました。
ビニールでおおってはいたものの 残念な姿に・・・
でもひょっとして また芽がでてくるかもしれないという
かすかな期待を込めて 時々眺めていたら

resize0795.jpg
 
あーやっぱり 生きていたぁ~\(^o^)/
すごい生命力です。
ここまでくるのに 約10ヶ月かかりましたが
けなげな姿に 感動です。
 
resize0796.jpg


そしてこれもまた 感動!!
車中から撮ったので わかりづらいですが
天草の1号橋の工事中の新しい橋です。
あと少しで ドッキング 近くで見るとホント 「迫力あり~っ」

resize0798.jpg
 
繋がる瞬間をずっと見ていたい気分です。
人間もすごい!!
 
resize0799.jpg

最近の感動した出来事でした。





10月22日 こんにちは、ゆるりです。

10月に入ってから、毎週火曜日の夜は(水曜日は工房は休み) 
家族会議をやってます。
会議と言うかミーティングです。

来年の1月、9年ぶりに開催する個展に向けてのミーティングです。
開催日から逆算してのいろんな取決めをしている
真っ最中です。

それも 「初めての親子展」 !!

まず、どんな家具を作るかラフデザインから始まり
素材選び、技法、使い易さなどなど・・・これらは工房の2代目、3代目の仕事で
かなりの重圧です。特に3代目にとっては・・・
あと、DMのデザイン、会場のレイアウト、ディスプレイなどは
私達女性の役割となります。

そして、それはいつも深夜まで続き
次の日は皆、寝不足~(>_<)

resize0768.jpg
 

そして翌朝は、ベランダで採れたサラダ菜と玉ねぎいっぱいの
ジャンボオムレツとパン

resize0767.jpg
 

夜更かしの後はなぜかいつもパン食なのです。

resize0766.jpg
 

9年間のブランク みんなプレッシャーをバネに
頑張ります。




先日(9/29)熊日新聞に掲載されました。
「くまもと工芸四季ごよみ」を執筆されている吉村尚子様の執筆です。


20160929熊日夕刊掲載 工芸四季ごよみ

くまもと工芸四季ごよみより

百年先も愛着と味わい

黄金色の頭を垂れた稲穂が収穫の時を迎える初秋のこのころ。木のぬくもりを求めて、八代郡氷川町宮原の「有限会社フルシマ家具工芸 木工房ひのかわ」を訪ねました。1942年に創業し、現在は2代目・古島隆さん(62)と3代目・古島隆一さん(35)が中心となり、オーダー家具の製作と家具のリノベーション(修理・再生)を行っています。
86年、県伝統的工芸品に指定。90年には県伝統工芸館と熊日が主催する「第8回くらしの工芸展」でグランプリを受賞するなど、隆さんの作品は多くの工芸展や美術展で受賞を果たしています。依頼を受け、99年の熊本国体で天皇皇后両陛下が掛けられた椅子や、歌手の八代亜紀さんに贈るイーゼル(画架)の製作なども手掛けました。
 家具の製作は、ナラ、タモ、桜、楠、クルミなどを丸太の状態から吟味し、選ぶ作業から始まります。木の性質を見極め、持ち味を生かせるよう“適材適所”を考えて製材した無垢材を、「送りアリ組み」という接合技法で美しく堅固な家具に仕上げます。
 「私たちが作っているのは、使ううちに愛着が湧き、味わいが深まる家族のような存在の家具。無垢材の家具は手入れをすることで100年先の孫の代まで使えます。家具と共にものを大事に使う姿勢も次世代に受け継いでほしいですね」と隆さん。注文や修理で生まれ変わった家具に対するお客さんの感想や喜びなどが、店内やホームページで公開されています。「ライフスタイルに合わせて、丈夫で使い勝手が良く、長く美しく使える家具を製作しています。しかし、それが終わりではなく、お渡ししてからが本当のスタートだと考えています。傷がついたら削って美しく整え、時に傷を思い出として生かすデザインを施すなど、家具を長く心地よく使い切っていただくような仕事をしたいです」と3代目・隆一さん。
 来年1月末に初めての親子作品展を県伝統工芸館で開催予定。隆さんの深い知識と経験、隆一さんの感性と情報発信力が融合して、さらに時代に求められる家具が生まれ、物を大切に使い切る姿勢と共に、次世代へと引き継がれていくことを願います。

風土&フードデザインYOSHIMURA代表、熊本市在住